littleshare’s blog

和歌山と阿倍野で暮らす、日々のこと。

元ワカケイ記者勝手に10番勝負2

2017年、あと少し

 

先日行われた「毎日新聞VS和歌山経済新聞 2017年10番勝負」のオマージュとして、個人の独断と偏見で発表する和歌山のローカルニュース、4位→1位を発表します😆

 

10位→5位はこちら↓

元ワカケイ記者勝手に10番勝負 - littleshare’s blog

 

元ネタ10番勝負イベントはこちら↓

和歌山で2017年地元の10大ニュース発表 1位は「台風21号」と「ラーメン店移転」 - 和歌山経済新聞

 

 

ここでは上記の10位ランキングに出ていない記事で、個人的に面白いと感じたローカルニュースを取り上げています。

 

と、その前に、、、

おまけ 11位
 

和歌山・サイダー工場跡で「佐藤すきま」さん個展 500枚の人物画ズラリ - 和歌山経済新聞

ぶっ飛んでいるイベントだなーと

サイダー工場で、似顔絵展

しかも、顔出しNGだから天狗になってる

 

写真のインパクトありすぎっしょ

 

どうしても入れかった↑ので笑

 

 

ではでは、、、気を取り直して

 

4位

wakayama.keizai.biz

 

機関車、線路を走ってぽっぽっぽ

通称デコイチと呼ばれるこの機関車の、流れ行く歴史もすごいですが

いろんな縁が巡り巡って、和歌山有田で実際に走行したというのが、なんとも言えません。

 

 

3位

wakayama.keizai.biz

 

高校生とは思えない映像技術で、地元和歌山線のPR動画を作成したという記事。

この高校では、いくつものメディア大会で賞をもらっています。

JR和歌山支社と協力して、普段は入れない車庫や、夜の電車で働く人の風景を収めた、第5弾も見ごたえあり。

 

写真は職員さんと、高校生の放送部さんの集合写真ですが、青春感がなんとも微笑ましいですね。

自分が取材した記事だけあって、思い入れもあります。

 

NAGA-B.C.C. Official Website | ぼくらの和歌山線プロジェクト [2016]

 

2位

wakayama.keizai.biz

 

「まち」ってこうやって作られていくんだよという、体験をしたのがこの「水辺プロジェクト」。

 

水辺を使って街の活性化を試みた、社会実験です。

実際に今年の11月にイベントとして実現し、今後も継続的に実施されていく予定です。

 

記事としてもシリーズになっていて、去年のキックオフイベント「ミズベドリンクス」→「水辺シンポジウム」→「ミズベ会議」→「MIZUBECOMMON」と流れがわかるようになっています。

「MIZUBCOMMON」では実際に水辺テラスや桟橋、街の堀川でのSUPが実施されました。

 

今回はその中の「水辺シンポジウム」の記事をチョイス。

いろんな人を巻き込んでいった時で、今でも印象に残っています。

 

自分たちで住みたい街を作る

大人が本気で街を作る

 

そんな人たちに出会えた取材でした。

 

1位

wakayama.keizai.biz

 

高野山で「地方創生」を話し合う会議。

全国各地で、新しい時代の価値観を生み出している著名人を、一斉に集めたイベントです。

 

当日はいろんなメディア・ライターさんも参加し、たくさんの記事が作られています。

 

シェアエコノミーや、仮想通貨、フリーランスな働き方、公民連携のまちづくり、6次産業と1次産業、これからのローカルメディアなど、今の時代を象徴するようなキーワードで活躍されている方が登壇され、セッションされました。

 

12月には福岡でも同会議が開催され、全国に広がりつつあります。

 

これからの生き方を模索していく中で、

今までにない価値観を発見できた人も、多かったのではないでしょうか。

内容は他のメディアに任せるとして笑、2017年という大きな時代の流れを象徴する企画だったと思います。

*************************

 

いろんなニュースがあったけど、それぞれ思い出があって、楽しかったなと思えた一年でした。いろんな人が、地元和歌山で自分の出来る範囲で頑張っている、そんな記事を選んだような気がします。

 

和歌山が好きだった理由は、生き方暮らし方に挑戦できる余白を感じていたから、一緒に楽しみながら頑張れる友人がいたからだと思います。

そんな和歌山から離れてしまい、今何が恋しいかと聞かれると「コミュニティー」。

 

一緒に楽しいを語り合える、面白い人や刺激を受ける人がいた。

結局「人」が全てなんだなと思います。

 

「エリアの価値はコニュニティーで決まる」という方がいましたが、同感です。

 

阿倍野に来て、何かがしっくりこなくてモヤモヤしていた日が続いていました。

お仕事はまずまず順調

生活リズムも付いてきた

街は便利で文句なし

交通だって、地方よりずっとずっと使いやすい

大きなイベントは多いし

おしゃれなカフェも話題も飲食店も

美味しいバーも、ホットスポットもたくさんある

 

だけど、何かが楽しくないなって思った時「人」がいないことに気がつきました。

 

一人じゃつまんない。

誰かといて掛け算した時、何にもない場所でもきっと楽しい。

 

都市部に来て、もう一度そんな場所が見つかるのか。

探していきたいと思います。