littleshare’s blog

和歌山と阿倍野で暮らす、日々のこと。

Jimamaya backey

f:id:littleshare:20170826211310j:plain

「ハイサーイ!jimamaya backeyヤイビーン!」

の挨拶でおなじみの、有田川町のパン屋さん「Jimamaya backey」さんに

和歌山経済新聞の取材に行っていました😊

 

記事はこちら♪

和歌山・有田川町にパン店「ジママヤ」 沖縄出身店主が開業 - 和歌山経済新聞

 

有田川のまちづくりグループAGWの友人(の旦那様が)開業したパン屋さんです。

 

今回、こんな形で応援できて嬉しいです。

 

記事にも書いているのですが、ハイサイ=沖縄方言で「こんにちは」、ヤイビン=沖縄方言で「です」という意味で、店舗住所が「813-1(ハイサイ)」であることに縁を感じて、この場所で開業したそうです。

 

と、言いますのも旦那様は沖縄出身の方。お店には沖縄のキーワードで溢れていました。

 

記事に書いているので、詳細は省きますが

沖縄の食材や、沖縄のソウルフードをヒントにしたパンがたくさん。

店舗デザインも沖縄風にこだわっています。

f:id:littleshare:20170826211232j:plain

一番目を引いたのが壁画。

現在和歌山で活動している若手アーティスト・画家まつおさんの、沖縄をテーマにした絵です。(ちなみに、お昼すぎに行くと写真の通りほとんど売り切れていましたー)

 

絵は細部まで沖縄っぽさが描かれています。

絵をよく見ると、小さなアグー豚もちりばめられていありと、仕掛けがたくさん。いつも店を手伝っている友人も、後から気がついた!というデザインがあるそうです。おもしろいですね。

 

旦那様は沖縄のパン職人から、和歌山に移住し紀美野町のドーシェルさんで修行。その成果あって、こだわりパンはご近所からおいしいと評判だそうです。

 

記事の写真にも載せた「仲良しバタークリームサンド」「黒糖パン」「十勝食パン」は、実際いただいたのですが、どれも本当においしかったです。

f:id:littleshare:20170826211329j:plain

記事には書ききれなかったのが、陶器の焼き物。

店内で沖縄の陶器も売っていて、若手陶芸家が作るコップがたくさんありました。

どれも個性的で可愛いものばかり。

地元でも陶器イベントを開催したら、大盛況になるほど人気コンテンツなんだとか。

 

そんな沖縄文化を感じてもらいたいと、少しずつ取り入れているそうで、今後は沖縄焼き物市場も開催したいとのこと。楽しみです!

 

パンだけではなく、沖縄の文化を大切にしているのを感じました。

先日のパン屋・ベッカライに引き続き、有田川がだんだん楽しくなってきてますね😊

 

Jimamaya bakey フェイスブックページ

https://www.facebook.com/jimamaya.bakery/?fref=ts