littleshare’s blog

和歌山で暮らす、日々のこと。

もくれんコーヒーのある朝

相方のシーモンさんは暮らし上手。 

先日、コーヒーを淹れるためのミルとサイフォンを持ってきてくれました。

f:id:littleshare:20170722172258j:plain

コーヒー豆を挽く、手動のミルと

理科の実験室にあるような、コーヒーを抽出するサイフォン

見るだけでワクワクします。

 

コーヒー豆は和歌山では有名な珈琲店「もくれん」さん。

「じゃんじゃん横丁」という、昭和ノスタルジックな場所にあるお店です。

f:id:littleshare:20170722172121j:plainもくれんマスターさんは、不思議な雰囲気のお兄さん。

コーヒーは、昔から定評があるそうです。

 

夜の10 時頃、明日の朝コーヒーを飲みたいねと言い出して、たどり着いたのがここ。

夜12時までやっている夜カフェの先駆け的なお店です。

 

そんなマスターお勧めの「マスターズセレクション」を購入。

挽き具合も教えてもらい、100g購入しました。

 

次の日の朝

起きたら早速、シーモンさんはミルの用意。

 

組み立てて、挽き度合いを調節して、豆をぐるぐると粉にしていきます。

豆から香りが広がって、とってもいい気分。

 

挽き具合は・・・

f:id:littleshare:20170722172230j:plain

ちょっと粗めだったみたい。

 

ま、いっか♪

サイフォンに入れてコポポ。

サイフォンを間近で初めて見ましたが、コポコポお湯と粉が混ざって、

滝のように一気に下に流れていく、一連が面白い。

 

その何気ない流れを眺めているだけで、癒されます。

 

そうして、朝のコーヒーの出来上がり。

おいしいかな?

  

うーーん、苦め。

挽きが荒かったからかな?

 

そんな朝の一幕。

ふたりで飲むと、楽しいね。

 

もくれん

和歌山 コーヒー もくれん 珈琲もくれん コーヒー豆販売