littleshare’s blog

和歌山で暮らす、日々のこと。

ZOOM会議

先日、私が活動している和歌山経済新聞の編集会議を、オンラインでしました。

ZOOMというツールを使って、ウェブカメラや画面データを共有しました。

f:id:littleshare:20170708093157j:plain

 

めっちゃ便利。

 

ログインも簡単だし、パソコン画面の切り替えができるので、部屋で行う会議みたいでした。

 

ただ時々、会話がカメラの向こう側で置いてけぼりに。オンラインメンバーを忘れないで。

 

それにしても、現地に向かわなくてもいいのって楽。移動時間の短縮になるので、これからいろんな場面で増えるといいな。

 

現場は緊張感があるので、出向くことも大切にしつつ、選択肢があると嬉しい。バランスを考えて、使いたいです。

 

ワカケイは、そうゆうオンラインツールの使いこなしが上手なので、勉強になります。

 

ちなみに、私が活動する和歌山経済新聞はローカルなハッピーニュースを配信するウェブメディア。Yahoo!にも配信しています。

和歌山経済新聞 - 広域和歌山圏のビジネス&カルチャーニュース

 

ただの情報誌じゃなくて「誰がいつ、どんな想いで始めたか」という部分まで記録しています。

 

よかったら覗いてくださいね。

 

 

 

CRAFT×暮らふとBEER FES vol.4

こんにちは〜!

今日はお知らせがあります。

和歌山市の北ぶらくり丁で7月16日、「CRAFT×暮らふと BEER FES vol.4」が開催されまーす😊

 

去年からご縁があって、実行委員をさせていただいてます。他のビールフェスと違うところは「商店街のリビング化」。

 

もともとはリノベーションスクール@和歌山の案件です。

商店街の通りは市道なので、そこを活用して商店街を盛り上げようよ、という活動で、「リビング化」という社会実験が2015年から始まりました。

 

私は2016年から参加しました。

理由は「リビング化」のコンセプトが素敵だなと思ったから。

 

まちづくりの魅力って、価値観が変わること。ネガティブにとらえていたこと、例えば空き家や人通りの少ない商店街などが、街のポテンシャルになるという考え方はすごーく目からウロコでした。

 

ビールフェスではリメイクした椅子や、廃材を利用した机、商店街に森を作るなど、心地よい仕掛けが盛りだくさんあります。

 

メディアには

re-re-re-renovation「通りにソファーを持ち出して、商店街をリビングルームに」

https://re-re-re-renovation.jp/projects/729

まいぷれ わかやま 「商店街を街のリビングに。クラフト×暮らふとビールフェス、暮らしとビールの新しい関係」

https://wakayama.mypl.net/mp/ichioshi_wakayama/?sid=47837

 

上記をご参考に。

 

そしてメインのクラフトビールはRISE&WINやVoyage brewingという、なかなか豪華なラインナップです。

 

と、いうわけで実行委員もドタバタ。

 

私はというと、、、メディアのプレスリリースを細々と送っています。

 

 

うん、広報も大切だよね!

みんなに知ってもらいたいし、来て楽しんでもらいたいし、来年もやりたいし!

 

和歌山にとっても、いいイベントだと思うので、ずっと愛されるイベントにしたいです。

 

和歌山の皆様、ビール好きの皆様、イベント好きの皆様

ぜひ、遊びに来て応援してください🎵

CRAFT×暮らふと BEER FES

https://www.facebook.com/craftcraft.beerfes/?fref=ts

 

 

f:id:littleshare:20170702123924j:plain

f:id:littleshare:20170702123934j:plain

はじめまして

初めまして、リトルです。

日々のことを綴れたらと思い、ブログを始めました。

 

私は和歌山の市内に一人暮らしをしています。

まちなかで1年くらい暮らしはじめてから、

 

たくさんの友達ができ

素敵なお店や場所を見つけ

まちづくりが盛んで

面白いプロジェクトに関わったり

楽しい人と出会ったり

 

そうゆう暮らしの日常や、その時思ったことを書きたいと思います。

 

tumblerで「Little SHAREhouse report.」をやっています。

 

このブログはその舞台裏といったところです。